eco検定の概要

eco検定の概要

・eco検定(環境社会検定試験) 

お役立ち度

C

環境系の資格では人気No1ですね。

企業が受験を勧めるなど、受験者数も伸びてきています。

合格後のコミュニティもしっかりしており、取得後のレベルアップも図れます。

そのため、プロとして環境系の業務を行うには、資格取得の必要性は感じませんが、アマチュアの立場で環境問題に取り組みたい方には、適しています。

難易度

試験は、大部分が公式テキストから出題されます。

参考書と過去問を見ておけば大丈夫だと思います。

頑張れば合格できますよ。

受験資格

なし

業務経験は不要

その他

合格後は、エコピープルとして登録できます。

エコピープルのサポートも充実しており、希望すれば合格後の活躍も大いにできますよ。

 

環境社会検定試験(eco検定)とは?

環境社会検定試験(eco検定)とは?

環境社会検定試験(eco検定)とは、

 

2006年度より始まった東京商工会議所が主催する検定試験です。

 

環境に関する技術やモノづくりは着々と進められてきています。
そんな社会にあって、環境問題に理解がある環境人の育成が、これからの社会には必要です。

 

 

環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む人材育成、
環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指すための検定試験、

 

 

それが「環境社会検定試験(eco検定)」です。


 

 

 

 

eco検定 取得の意義

企業にお勤めの方

 

企業の社会的責任(CSR)が重要視されている昨今、企業を挙げて
eco検定に取り組む会社が増えてきています。

 

取得する社員が増えることで、「環境にやさしい会社」として、
企業のイメージアップにもつながります。

 

ISO取得後の継続学習の一環として、社員の意識改革や自己啓発にも
役立てられます。

 

さらに、今後の環境ビジネスの展開に向けて、知識を活用できるようにもなるでしょう。

 

 

学生の方

 

環境保全に取り組んでいる企業・団体などへの就職活動や進学時の
アピール材料になります。

 

環境問題について、知識の幅を拡げ、国際的な視野でこれからの
社会の姿を考えられるようになります。

 

ただし、環境コンサルタントや環境調査会社への就職活動に向けては、
もっと専門的な環境資格が必要となります。

 

 

一般の方

 

日常生活の中で、環境に配慮した生活知識を身につけることができます。

 

また、環境への知識をもとに、地域再生や地域振興のための活動へと
活動の幅を広げていただくことも期待されています。

eco検定の概要関連ページ

eco検定の勉強方法
eco検定(環境社会検定試験)は、環境に関する資格では人気No.1です。環境について関心があるなら、受験をオススメします。