環境資格.com

環境資格 人気度・お役立ち度ランキング Best5


■ eco検定(環境社会検定試験) ■

 

 約6万人が受験(2010年度)する人気資格。
 環境問題に興味を持った方の登竜門的な
 資格として、定着しました。
 合格後のコミュニティも充実しています。

 

eco検定について

 

 


■ 技術士・技術士補(環境部門ほか) ■

 

 技術士は、技術系最高峰の国家資格として、
 難易度も高いプロ資格です。
 将来的にプロを目指したい方は、技術士補の
 資格が必須となります。

 

技術士 技術士補について

 

 


■ ビオトープ管理士 ■

 

 eco検定に合格後のスキルアップとして、オススメ
 の資格です。自然環境の勉強に最適です。
 民間資格ですが、環境省の入札参加要件にも
 なるなど、履歴書に書ける公的に認められた資格です。

 

ビオトープ管理士について

 

 


■ 環境計量士 ■

 

 難関の国家資格です。分析のプロを目指す方
 には、必須の資格です。
 事前準備を十分に整えて、受験に臨みましょう。
 マークシートですし、業務経験不要なので、誰にも
 チャンスはあります。

 

環境計量士について

 

 


■ 行政書士 ■

 

 環境とは関係ないように見える行政書士ですが、
 実は、環境行政において、ずいぶん重宝される
 資格です。人気、難易度も高い国家資格ですが、
 ゴミ問題をはじめ、活躍の場は大いにあります。

 

 

 

はじめに

環境の資格も、技術士環境計量士などの難関国家資格が多く、人気も高い印象があります。

 

環境に関心があるなら、ぜひ資格にチャレンジしてみませんか?
資格取得のための試験勉強は、集中して知識を得られる良い機会です。

 

しかし、「この資格を取ると仕事になりますか?」という質問をされる方が、時々いらっしゃいます。
大切なことは資格が仕事をするわけではないということをしっかりと認識する必要があります。

 

資格があれば仕事が出来る、とか、資格があれば仕事は向こうからやってくる。
などということは期待できませんし、するべきでもありません。

 

資格は社会的な信頼を得るためのもので、仕事に精通した技術者、仕事ができる人や
詳しい知識を持っている人に対しての証しのようなものです。

 

ですから、資格を取ると何ができるの?という受身ではなく、資格を取って、こんなことをやる!という積極的な気構えが、合格への第一歩ではないかなと思っています。

ポジティブシンキングで頑張りましょうね!

 

ぜひ、資格取得した後は、資格を役立てるように環境保全活動への参加も、
検討してみると視野が広がりますよ。

 

 

お役立ち度は、業務として行う際に客先から必要とされる条件、就職・転職の要件などで決めましたので、
プロとアマの立場の違いによって、意味合いは変わってくると思います。

 

資格のメリットは、取得後に合格者同士のコミュニティに加わることによって、
さらに知見が積んでいけることが大きなメリットだと思います。

 

アマチュアの方は、
「その資格は有用か(社会に認められているか)?」
「合格後のコミュニティは充実しているか?」
というような点で選択されてはいかがでしょうか。

 

 

 
 

 
  カテゴリ検索 | 旅行・地域情報 | 家庭・暮らし | 趣味・スポーツ | コンピューター・インターネット | ショッピング | エンターテインメント
  ビジネス・経済・産業 | 芸術・文化 | 政治・社会 | 健康・医療 | 教育・学習 | メディア・ニュース・情報源